その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
熊本城で初めて入った建物
2011年03月06日 (日) | 編集 |
ここ数年、何度熊本城に行った事でしょう。

必ず入るのは天守閣です。3階にある息子の芳名板を見て「ふむふむ」と思ったり・・・何かの絵の前なので探しやすいです。

お城の入口を入って、曲がってすぐにトイレがあります。何度も利用した事があるけど

横の方に、何か建物があるとは思ってたけど気にもせず、入れるとも知りませんでした。

今回、初めて近づいて見たら、数寄屋丸(すきやまる)と書いてあり、入る事が出来ました。平成元年に復元された物です。
数寄屋丸

この建物は、お茶会や能などが行われていた、今で言うホールみたいなものみたいです。
大広間  広間奥

これは当然天守閣にもあります。
鉄砲狭間    
石落とし

元年と言うと20数年経っています。地元の私でも初めて入るくらいなので、入っている人は少なかったです。

そして、これ又始めて気付いた地図石
地図石説明

諸説あるみたいですが、みなさんは何に見えますか?
地図石

数寄屋丸の下にある梅園。開花が遅れたのでちょうど満開でした。写真では残念ながら桜みたいに綺麗に見えません
天守閣と梅

梅園の下にある飯田丸五階櫓・・・ここも初めて入りました。説明が見にくいですが、平成17年に復元された、今で言う倉庫です。
五階櫓説明
飯田丸五階櫓

メインは何度か見た人は、こういう建物に入ってみるのもいいかも・・・

武者返し(むしゃがえし)で有名な石垣。
二様の石垣説明

右側のゆるやかな石垣は、加藤清正の時代の物。左の急勾配の石垣は細川時代の物
石垣 (2)

もうちょっと天守閣といい角度で写るようにすれば良かったわ~。今度いい写真が撮れたらアップします(又行く予定なので
石垣と天守閣

やはり何度行っても新しい発見がある熊本城です。・・・私だけかもしれないけど

お城近くの護国神社前の梅園も綺麗ですよ
護国神社梅

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック