FC2ブログ
その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
北海道産の種芋のヒミツ
2011年04月21日 (木) | 編集 |
もったいない精神?で少し残し、今度使おうと思っていた野菜達

以前「残った野菜は乾燥させて無駄にはしません!」と言ったような、言わないような・・・

そんな私に挑戦するかのごとく、「食べられてたまるか!」と野菜達の成長(傷み)が猛スピードで進んでいます。

残していたきゅうりは、指でつまむとグニュっと柔らかく、カイワレは「私もうだめ」と横たわっていました。

多すぎると思っても、その時食べないとだめみたいです

冬の間ゴミ箱へ直行していた野菜くずを、ようやく外に出られる季節になったので、庭に埋めています。

昨年、衝撃の写真?付きで登場したジャガイモも、又芽が出ています。今度はたった?2個

そのうち庭に埋めようと出していました。

先日、村上先生の講座で

「何故、北海道の種芋を植えるか知っていますか?」と聞かれました

みなさんは、わかりますか?

「北海道のジャガイモが美味しいからだろう」

と、ほとんどの人が答えるのでは?

正解は、寒い所で育った種芋を暖かい所で植えたら、実が大きく育つからだそうです。

九州の種芋を台湾に持って行って植えたら、九州のより大きくなるとか

家に帰ったらすぐ芽が出たジャガイモを冷蔵庫に入れました。

1週間くらいしたら植えようかと思ってます。

昨年は何故か?たくさんあったので、庭のあっちゃこっちゃに植えて どこに植えたかわからなくなりました。

葉が育っている時はわかりますが、収穫は葉が黄色くなってからです。

そのうちと思っているうち、葉が枯れてなくなり わからなくなったのです。そのまま土にかえったようです。

私の誇張した失敗談はともかくとして、又一つためになったでしょう?

・・・って、ジャガイモって いつ植えてもいいのかな??

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック