その日にあった事などを気が向くままに書いていこうと思います。
通潤橋と滝
2011年05月08日 (日) | 編集 |
山都町の通潤橋に行きました。昔一度行った事がありますが、誰といつか全く記憶なし。道の駅 通潤橋には、昨年の八朔祭の見事な創り物がありました

かえる
ライオン

通潤橋は、残念な事に有名な放水は 6日から田植期に入り7月末日までありません
通潤橋

だから人も少なかったのかもしれません。でも放水が目的ではなかったので通潤橋から五老ヶ滝までました。

先日、熊日に「五老ヶ滝(ごろうがたき)」と「聖滝(ひじりだき)」が県の名勝・天然記念物に指定されたと書いてあったので、2つは見ようと思っていました。

通潤橋の上に行き、右側から五老ヶ滝に行きました。
五老ヶ滝説明

展望所から見た五老ヶ滝・・・水量が多いともっと迫力あるんでしょうね
五老ヶ滝

せっかくなので、滝壺まで下りて行きました。展望所までは来る人がいても、滝壺まで行く人は少ないようです。
なにしろ150か170mありますから・・・

途中会ったのは若い男性一人

あまり近くまでは行けません。もっとアップで撮ればよかったです
滝壺から

帰りは通ってない道を行こうと、違う遊歩道を・・・

違う道でも下りたら上りです。永遠に続く坂に、へこたれながらどうにか橋の逆の方に出ました。最近のは坂が多いので、きっと体重も減るはず・・・?

周りを歩くだけで1時間くらいはかかります。本当は最初にコロッケを買って、滝を眺めながら食べたかったのですが

閉まっているお店や、午後からのお店もあり、ようやく開いていた「やむらかん」さんは11時半からで揚げるのに15分かかると言われたので、帰りに通潤橋の近くになってから電話で予約しました。

山都町は数年前から「ころっけ街道」と銘打って、いろんなお店がユニークなコロッケを売っています。

通潤橋から歩いても行ける「やむらかん」さんは、浜町にあります。
やむらかん

ここには、「ベリーなイカしたころっけ」と「山都海ころっけ」各150円があります。両方買って聖滝で食べようと道を聞いたのですが

ちょっと移動してもわからなかったので、「もう諦めて幣立神宮に行こう!」とを走らせていると

聖滝の標識がありました。国道218号沿い

ここは遠くからしか見れないみたい。聖滝は緑川水系の笹原川にある落差約31メートルの滝で、中腹に岩が飛び出している形が、僧侶が修行をしているようにみえることから名付けられたといわれているそうです。

そう見えますか?
聖滝

展望所で滝を見ながら、作ってきたおにぎりと「やむらかん」さんのコロッケを食べました。

海ころっけにはマグロが入っています。じゃが芋の他にさつま芋、ゴボウ、たけのこも入っているらしいのですが、美味しくてばくばく食べたので、中身を確認して食べればよかったとです
海コロッケ    海コロッケ1

ベリーなイカしたころっけは、ブルーベリーにイカと良く冒険されたな~と言う組み合わせ。ブルーベリーの風味はしっかりしたけど、決して合わない事はなく、イカのこりこり感も良くてとても美味しかったです。
ベリーなころっけ    ベリーなコロッケ1

偶然「聖滝」も見れ、満足して帰りは幣立神宮の方を帰るコースで

行きは友達が最短距離で検索したと言うルートで行きましたが、それはそれはすごい山道で 一人や暗くなってからはとても通りたくない道でした

山都町はささっと見学したので、又ゆっくり行きたいです。八朔祭は9月にあるようです。一度は見てみたいけど、その時は人が多いでしょうね~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック